七年の病に三年の艾を求む

どうも。



今日、一日中家にこもっていた者です。





さて、今日はことわざ東洋医学です。





ことわざ東洋医学 21



七年の病に三年の艾を求む





中国の古典書でよく使われている比喩の語句。



7年もの間、患っている病人に、
3年間もかかって乾かさねばならない艾(もぐさ)を求めて
灸をして治そうとしても、すぐの間には合わないのだという。



これは政治についてのたとえに用いられている。







今日の一言



今回の風邪はしぶとい・・・





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 小松帯刀 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    初めまして。

    私は天ショウ院様が薩摩にいらした時からお慕い申し上げていた 薩摩の家老 小松 と申します。



    お風邪 大事になさいませ。私は足が悪く 『痛風』が悪化していると 診断されてます。

    前置きが 長くなりました。



    ↑↑↑↑↑↑↑↑↑

    草かんむりに×の字は なんと お読みするのですか?

    宜しくお願い致します。

  2. kuro より:

    SECRET: 0
    PASS:
    小松帯刀さん

    はじめまして!

    コメントありがとうございます。

    天ショウ院さんの家老様でございますか・・・

    さぞ、お忙しい毎日をお過ごしなさってるかと思います。

    ちなみに父も以前痛風で苦しんだ時期がありまして

    どうやら私もその血を引き継いでいるようです(^^;



    >草かんむりに×の字は なんと お読みするのですか?



    艾ですね・・・

    もぐさと読みます(^^)

    すみません。わかりにくかったですね(><)

  3. 小松 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    もぐさ なのですね。 有難うございました。

    それから こないだ江戸で天ショウ院様にお会いした時に

    『肥前の国の有望な魔術師…

    いや施術師の尿酸値の数値は如何だったであろうのう???』と…。

  4. Fee より:

    SECRET: 0
    PASS:
    初めまして☆前のブログでKFCの方と書いてましたがケンチキの人の事ですか?(^^)

  5. kuro より:

    SECRET: 0
    PASS:
    小松さん

    尿酸値ですか・・・

    実はまだ病院に行っておりませぬ(><)

    今週中には行こうかと・・・

    天ショウ院さんによろしくお伝え下さい(^^;



    Feeさん

    はじめまして!

    コメントありがとうございます。

    ここでいうKFCはケンチキではなく

    kuro fan club の略です。

    88さんという素敵なご婦人が命名してくださいました(^^)

  6. 静寛院 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    良い諺ですね。

    日本の政治はいつもこんなですよね。

    対策が後出後出で。。



    天璋院さんに小松帯刀さんに・・

    ずいぶん賑やかになってきましたね(^^)

  7. kuro より:

    SECRET: 0
    PASS:
    静寛院さん

    篤姫広場になってきました(^^;

  8. 13代将軍 徳川家定 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ここにくるのは初めてだが…。

    幕末の頃の死亡原因は 『脚気』が多かったが 脚気は平成の時代なら 治るかのぅ……。

  9. kuro より:

    SECRET: 0
    PASS:
    13代将軍 徳川家定様

    はじめまして!

    将軍自らのコメント誠にありがとうございます。

    脚気は現在では十分治療可能です。

    江戸の時代ではかなりやっかいな病だったとお聞きしましたが・・・。