尾骨の痛み

どうも。





最近、尾骨(一般的には尾てい骨と呼ばれていますね)の痛みを



訴える方が多いので、今日はそのことについて簡単に書いてみます。





しりもちをついたり



足の投げ出し座りや体育座りを長時間することが習慣になっていると



尾骨が痛みやすいと言われています。



また、うつ伏せ寝は尾骨や仙骨が飛び出すケースが多いと言われており



仰向けに寝ると痛いので、うつ伏せでしか寝れないようになり



悪循環を招く結果になります。





施術では尾骨とリンクする蝶形骨の調整をしたり



仙骨の傾きを修正することで痛みを軽減させることができます。



そして、大事なのは自己療法。



患者さん自身で尾骨の痛みを和らげていただきます。



そのやり方とは・・・





先日、極性について書きましたが



尾骨は脊椎の最下部にあるために最も陰性の極性を持つとされています。



ということで施術では右手を使います。



右手はプラス、左手はマイナスの極性を持っています。



そして、手の指でもそれぞれに極性があります。



親指はニュートラル(中性)



人差し指はマイナス(陰性)



中指はプラス(陽性)



薬指はマイナス



小指はプラス





つまり右手の中指と小指が陽中の陽(強いプラスのエネルギー)で



これらの指で最も陰性である尾骨にアプローチすることにより



極性の調和を図ることができます。



自己療法としては



右手の中指を(小指より中指がやりやすい)尾骨の最先端に置き



左手を首のうしろに当てます。(首の後ろは強力な陽性ゾーンです)



この状態で痛みがス~ッと和らぐまで待っていればいいです。



効果が感じられない場合、右手は少し圧をかけてもいいです。



色んな方向に圧をかけて、痛みが和らぐ方向を見つけましょう。





佐賀県武雄市の整体   尾骨の痛みにも対応できます
北方カイロプラクティックオフィス
黒岩整骨院





おまけ



ゴン太ゴン太





下駄箱の下に



潜り込むのが好きな



ゴン太











ゴン太





日向ぼっこしていて



眠そうなゴン太















今日の一言



尾骨の痛みは自分でも和らげることができますよ!









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 黒龍 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    kuroさん、『パンチングゲーム?』で手を傷めました。最高が137キロ?年齢では高い、低いか解りませんが、体を揺らせないで打ってみました(笑)

  2. kuro より:

    SECRET: 0
    PASS:
    黒龍さん

    黒龍さんの年齢はわかりませんが

    (たぶん私より結構上では・・と推測しております)

    たぶん高い方だと思いますよ!

    しかも、体を揺らさないで打っているわけですから。

    私も久しぶりにやってみたくなりました(^^)