魚類摂取は、早期死亡リスクを低下させる可能性

どうも。

武雄市の黒岩整体院・院長の黒岩です。

今回は「魚の摂取と健康」についてのご紹介です。

sakana

■魚類摂取は、早期死亡リスクを低下させる?!



魚類摂取とオメガ-3系脂肪酸摂取は早期死亡のリスクを低下させるようだ、という中国、浙江大学等からの報告。



今回の研究では、男性240,729名、女性180,580名を16年間フォローアップし、男性54,230名、女性30,882名の死亡を確認した。



結果は、魚類、オメガ-3系脂肪酸摂取は、総死亡リスクの低下と有意に関連していたという。魚類の摂取が最も低い群(五分位最低分位)と比し、最も高い群(五分位最高分位)では、男性では、総死亡は9%、心血管疾患死亡は10%、がん死亡は6%、呼吸器疾患死亡は20%、慢性観疾患37%低下、女性では、心血管疾患死亡は10%、アルツハイマー病による死亡は38%低下したという。



揚げた調理法での魚類の摂取は、男性において、死亡と関連しなかったが、女性では、全死因、心血管疾患、呼吸器系疾患のリスク増化と関連した。



オメガ-3系脂肪酸摂取は、五分位最高分位は最低分位と比し、心血管疾患死亡を男性で15%低下、女性で18%低下させた。



https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/joim.12786

Google翻訳

肉の摂取については、良い事・悪い事色々な見解がありますが

魚については、悪い話はほとんど聞いたことがありませんし

体に良い話が圧倒的に多いです。

普段魚をあまり食べない方は、ぜひ意識的に摂ってみてはいかがでしょうか(*^_^*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする