体の状態を推測する

どうも。





今日は五臓と五官(七孔)について。



東洋医学





















耳、目、口(口唇)、鼻、舌を五官、



あるいはこれらの穴の合計が七つあることから七孔ともいう。



この五官は五臓と密接に関係している。



素問の陰陽応象大論篇では



「肝は目に開孔し、心は舌に開孔し、脾は口に開孔し、肺は鼻に開孔し、腎は耳に開孔する」と述べている。



この五臓と五官の関係から、肝の病のとき、その症状は目に現われ



腎の病は耳、肺の病は鼻、脾の病は口(口唇)、心の病は舌に



それぞれ症状となって現われる。



したがって、たとえば、舌が異常に赤いときは心に熱のあることを知る



というように、これらの五官の状態から、五臓のどこに異常が生じているかを診断することができる。



(素問:陰陽応象大論篇、霊枢:五閲五使篇)





五臓と五官の関係は面白いですよ。



問診の段階で体の状態をある程度推測することができます。



先日、慢性的な目の疲れでお悩みの患者さんがいて



「肝臓がすごく疲れてて負担がかかってますねー」



と言ったところ



「何でわかるんですか?!実はいつも検査で肝機能がひっかかるんですよ!」



とビックリされてました。



当院ではよくある光景です。





ちなみに、漢方の臓腑名は



似てはいますが西洋医学の臓器とイコールではありません。



たとえば、漢方でいう「肺」は西洋医学でいう「肺」より範囲が広く



呼吸作用全般を司る臓器を言います。



東洋医学





















問診、触診、筋力検査など総合的にみて判断します。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



佐賀県武雄市の「不思議な整体」
黒岩整骨院



得意技術→頭蓋骨矯正、頚椎矯正、骨盤矯正



得意症状→頭痛、肩こり、自律神経失調症、腰痛



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





PS.妻ブロ更新してます!







おまけ



つけめん



つけ麺



(濃厚魚介系とんこつ)







カキ氷



















今日の一言



様々な角度から体を診ていきます!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする