武雄市の「体と心が楽になる」整体院です

整体なら武雄市の体と心が楽になる黒岩整体院

武雄北方インターから佐賀方面へ車で4分

通話料無料0120-23-2468(予約制)

営業時間(予約制)
月・火・水・金9時~12時/14時~19時
土・日・祝祭9時~13時
休業日木曜日

症状を引き起こしている根本的な原因を改善します

こだわりの整体法  武雄市の黒岩整体院

体と心が楽になる整体(波紋整体)

tougai

当整体院独自の施術法です。
驚くほどソフトで全く身体に負担がかかりません。
体の歪みを正すことで血液や神経の流れが改善し
身体が楽になります。

※痛くありませんのでご安心ください

太陽と波紋のエネルギー(波紋整体)

私の施術は基本的に痛くもなく非常にソフトなものです。

あなたが予想されている以上に刺激が軽いので

施術方法に対するイメージのギャップをなくすため

初回のインフォームド・コンセントにおいて

施術前に十分に説明させていただいております。

setumei

 

施術理論ですが、解剖学(西洋医学)東洋医学を融合させています。

施術においてあなたに触れる際、

掌(手のひら)指先を使い分けていますが

それなりに理由があります。


疲労による筋肉の異常緊張が原因の症状が多いのですが

筋硬結(コリ)が比較的浅く、広範囲に及んでいる場合は手のひら

コリが深く、限局している場合は指先を使ったりします。


症状の程度によっても使い分けます。

重症の場合は指先を使い、

深層筋へエネルギーを伝えるようにします。

いつも手のひらばかりだとエネルギーが拡散し

施術効果にバラツキが出てしまいます。

指先だけの一点集中の刺激は

水面に波紋が広がるように

最小限の力で最大の効果が期待でき効率的です。

(私は生涯この仕事を続けますが、老いたら
「一点集中の刺激」中心の施術体系に切り替える予定です。
もちろん人によって刺激ポイントは違います。
今は仮説、検証を繰り返している段階です)


 


考えてみれば、人体の約70%は水分ですので

波紋を利用しない手はありません。
人体は水の塊と言えるのです)

体内に波を立たせてエネルギーを伝えてあげればいいのです。

 

血液の流れには誰でもほんの少しだけエネルギーができます・・・

栄養分を運んだり体温を調節したりするほんのちっぽけなエネルギーです・・・


ですが、ある一定のリズムでその小さなエネルギーを

体全体からしだいにしだいに集めてきます・・・・・・


円盤投げの選手がぐるぐるの円運動の加速によって

力を集積させるように・・・・・・・・・


だんだんだんだん小さなエネルギーを大きなものにかえる・・・


そのエネルギーが太陽の振動(バイブレーション)であり

生命のほとばしり・・・「波紋」です。


なので私は東洋医学でいうところの太陽系を意識しています。

特に自律神経と密接に関わる太陽膀胱経を整えることで

体は好転します。

 

エネルギーを一点集中させたり、増幅させたり

自由自在にコントロールできるように日々精進しております。

波紋整体とセロトニン

  脳内にはセロトニンという体をリラックスさせるホルモンがあるのですが

これは一定のリズムの音や振動を感じた時に出やすいようです。

(リズムホルモンとも言われています)

整体でも来院される方の体を揺らして筋肉の緊張を和らげたりする技術があります。

オステオパシーのハーモニックテクニック等ありますが

実は当整体院でも揺らす技術(DRTなど)を使用することがあります。

drt


波紋整体では、水面に一滴の水を垂らすように

一点の刺激で体内に波を起こし

それをゆっくり全身に伝えるイメージを基本としていますが

体を直接揺らしてより大きな波を起こす方法もあります。


体を軽く揺らしていると、ウトウトしたり、眠ってしまう方が多いのですが

これは交感神経の緊張が緩み

副交感神経優位の状態になっているのはもちろんですが

同時に脳内からセロトニンも放出されている状態だと思われます。


不眠症の方でも電車に乗っているとウトウトして眠くなるのも

あの「ガタンゴトン」という音や振動で

セロトニンが放出されているからだと聞きますし

海岸にいると波の音が心地良くて癒されるのも

セロトニン効果と言えるでしょう。



体の緊張がどうしても抜けない方は

一定のリズムの音や振動を感じるようにしたらいいのです。

 

整体法の原理   武雄市の黒岩整体院

各人の身体の可動範囲や呼吸をみながら優しくソフトに脳に働きかけることで
自律神経が整い、痛みを誘発している筋肉の緊張が解けていきます。


私は学生時代、西洋医学的な勉強をたくさんしてきました。

柔道整復理論、解剖学、生理学、衛生・公衆衛生学、関係法規、整形外科学
病理学概論、一般臨床医学、運動学、外科学概論、リハビリテーション医学など

pein


満を持して卒業しましたが

いざ現場に出てみると教科書どおりに良くなる人はほとんどおらず、

学生時代に培った知識や技術などを生かす場面がなく

ショックというか挫折感を味わったことを覚えています。



そんな中、現在でも役立っているものといえば

解剖学生理学です。


この二つはとても重要で、今でも本を読み返したりしますし

これらの深い知識があれば

整体やカイロプラクティックの技は
自分でも創造することができるのです。

「三つの軸」と整体

人間の関節の動きを大まかに分類すると3種類あります。

  ①左右(側方)の動き  

体を横に倒す(右側屈・左側屈)など


②前後の動き  

腰を前に曲げる(前屈)後ろに反らす(後屈)  
膝の曲げ伸ばし(屈曲・伸展)
手首の曲げ伸ばし(掌屈・背屈)など


③回転(捻れ)の動き  

腰を捻る(右回旋・左回旋)など

 

日常生活での動きというのは基本的にこれらを組み合わせたものですが
身体の歪み・骨のズレ方も同じことが言えます。

例えば、膝の曲げ伸ばしが痛い人は膝関節の前後のズレ
(大腿骨や脛骨の前方転位や後方転位)があることが多いです。

他に回旋転位や側方転位などもあります。
(これらのズレは動きからだけでなく、痛む場所からも推測することができます)

①と②の問題を解決し(体幹を整える)それでも痛みが残る場合は
③の回転の問題があります。(部分的な筋肉の捻れ、関節の捻れ、皮膚の捻れなど)


③の回転が人体に及ぼす影響として

冷え症、椎間板ヘルニア、腎臓の問題、脳脊髄液(CSF)の問題などがあります。

人体における回転の問題は軸がほぼ正中線近くにあるので
ごく軽い刺激で変化を出すことができるのですが
回復までに時間を要する場合もあります。

「目に見えない世界」と整体

  また、解剖学的視点の他にも、人の体をみるにあたって
  東洋医学的視点、つまり経絡(気の通る道)などの
  目に見えない世界の存在も無視できません。

  目に見えているものよりも見えていない部分が体に影響していることもありますので
  私は施術において感じることを特に重要視しています。


何を感じるかといえば

■CRI(クラニアル・リズミック・インパルス)
■ミッド・タイド
■ロング・タイド

などです。


     (図はクレニオセイクラル・バイオダイナミクスより)

CRI⇒毎分8~12回(この数字は本によってバラバラです)の頭蓋リズム
     脳脊髄液の流れみたいなものです。
 
 

 ミッド・タイド⇒毎分2~3回周期で、このレベルでは全身が一つになって
     細胞も組織も体液も一つの潮(タイド)によって統合され
     体の中やそれを取り巻く生命場やオーラなども含みます。

 ロング・タイド⇒100秒で1サイクルらしいですが
     恥ずかしながら私はロング・タイドについては自信がありません。
     (それらしきものを感じたことはあるのですが、
     確信を持てるまでに至っていないのです)
     地球全体に行き渡っているもので、身体を超えた周辺の空間を
     含めたところでの潮流として知覚され
     どこからともなく偉大な風が身体に吹き込んでくるような感覚だそうです。
     経験を積むごとに体の内外で
     これを感じることができるようになると本に書いてありますが
     はたしてできるようになるかどうか。
     仙人レベルの先生はロング・タイドをいつも感じ取ることができるのでしょう。


頭蓋骨は呼吸とともに微妙に動くのですが

そのリズムの振幅や波長、脳脊髄液の流れを
手で感じることを意識していますし

経過観察の指標にしています。


ちなみにCRIの振幅が狭いのは、生命力(体力)が低いことを示唆し

抵抗力が低く、病気の罹患率が高いことを意味します。

「共鳴」と整体

経絡調整を音叉で行うこともあります。

12経絡(肝・胆、心・小腸、脾・胃、肺・大腸、腎・膀胱、三焦・心包)に加え
任脈と督脈を合わせ14本あります。
(各経絡で微妙に音の周波数が違います)

Oリングテスト、筋力検査、あるいは邪気診断などで

問題のある箇所を特定し、音を鳴らすことで調整していきます。

音の振動に体が共鳴し、気の流れが整い、緊張が解かれます。

「体の極性」と整体

  他には極性(プラスとマイナス)も大事にしています。人間の体は微妙に磁力を帯びていますが

両手を通して、ごく自然に流れる生命力(回復力)の流れを使うことにより

来院される方の極性を調和させることができます。


地球や太陽に北極と南極があるように、人間の体にも極があるのです。



何気に触れているように見えても

実はこれらの法則を利用しながら施術をしています。

身体をとりまいている精妙な電磁気オーラの
場のバランスをとっているわけです。

 

整体法のこだわり  武雄市の黒岩整体院

一人一人に合わせて徹底した身体のバランス修正をします。

不調のある方は改善するように
予防やメンテナンスでご来院の方には
今よりもっといい状態になるようにしていきます。


基本的には上記で記述したように、まずは解剖学的アプローチをしていき
その後東洋医学的アプローチで施術していきます。


私は施術を通して来院される方に「安心を提供すること」を常に考え
自信と誇りを持って日々精進しております。

 

今まで学んできた施術法(リソース)

経絡指圧(八光流)、レインボー療法、経絡テスト
SCT(創術カイロプラクティック)、AK(アプライド・キネシオロジー)
ニューロリンク、ターグルリコイル(上部頸椎テクニック)
CST(頭蓋仙骨療法)、三軸修正法、リセット療法、オステオパシー
自律心体療法、DRT(ダブルハンドリコイルテクニック)等

特に三軸修正法に関しては、開業前(10年以上前)から学んでおり
施術における身体の見方や考え方に大きく影響を受けております。
三軸自在の会 公認治療院でもあり、今後は日常でも自由な発想ができるよう
少しずつ三軸修正法の考え方を伝えていけたらと思っております。

整体料金ページへ